THE PUBLIC
ソーシャルスクール

これからをサバイブするための、実践的なソーシャルスクールメディア。
 
2.5Dを舞台に、音楽専門チャンネル『スペースシャワーTV』を運営する株式会社スペースシャワーネットワークと株式会社アンサーが、それぞれが培ってきた経験を資産として『今』求められる知識と経験を提供するために立ち上げられたプロジェクト / メディアが『THE PUBLIC』(ザ・パブリック)です。
日本が誇るクリエイティブ力をベースに、これからの未来を描く人々のコミュニティとしても機能していくことを目指しています。

 
 

THE PUBLIC 『ID』 映像シリーズ
放送局のアイデンティティーやメッセージを伝えるイメージスポット映像『STATION ID』。これまで、スペースシャワーTVでは数多くのクリエーターによる革新的な『STATION ID』が放送されてきました。その代表的なIDやMVなどの映像作品に関わるアーティスト・クリエイターを講師に迎え、これから音楽・映像業界を目指す次世代のクリエイターを生み出すための講座として開催しました。

 
 

【ニッポンのジレンマ ✕ THE PUBLIC】『新SHIBUYA論』
70年以降生まれの新世代の討論番組『ニッポンのジレンマ』。テーマは2020年オリンピック開催が決定し、にわかに熱狂を帯びてきた『TOKYO』論。 本講座は2013年11月30日(土)にNHK Eテレで放送された『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』のPRスピンオフ企画『新SHIBUYA論』として開催されました。

 
 

【FabCafe ✕ THE PUBLIC】感覚と工学のアンサンブル
supported by KORG

人と人工物、人工物と音楽を介したインタラクションの世界をテーマに開講される講座『感覚と工学のアンサンブル』。デジタルものづくりカフェFabCafeとコラボレートした講座として、”ものづくり”と”音楽”をテーマに、楽器や筐体をも制作し演奏する次世代のアーティストを講師として迎え、トークセッション&パフォーマンスを行いました。